ども、こうすけです。

 

今日というか日付が変わってるので、

昨日は朝から車にお湯かけ窓の氷を溶かす事から始まりました。

本日は昼過ぎから仕入に行ってきたんですが、

ジャンク品縛りで仕入れをしてみました。

 

縛った理由は特にないんですが、気分転換ということで笑

僕のジャンク品の仕入れ先は主に、

ハードオフ、オフハウス、ホビーオフになります。

ジャンク品やサービス品といったポップが貼られている商品がジャンク品になります。

 

ジャンク品のメリットは何といっても価格差が大きいこと、

仕入れ値が圧倒的に安いことです。

デメリットも大きく、ここを上手く潰すことで仕入れが可能になります。

 

商品知識やある程度の経験は必要なんですが、

商品の動作確認がされていないものは基本的には避けるようにした方がいいです。

店舗によっては自分で動作確認できる用のコンセントが用意されていたりもしますので、

そこでチェックするのも一つの手段です。

 

 

 

無題aoo

今日仕入れた商品なんですが、こちらはサービス品コーナーに置いてありました。

9000円で即売れしてくれるプリンターなんですが、

動作し、スキャンができると記載されており、使うには問題なさそうです。

また、プリンターの場合はノズルチェックといって

色が擦れずにきちんと出ているかの確認もいりますが、

こちらは既に店舗の方で行っておりノズルチェック用紙が付いていました。

後は付属品なんですが、電源コードとUSBケーブルが付いており、こちらも問題無し。

では、なぜジャンク品扱いになっていたかというと、黄色インクが少ないという理由だからです。

この程度の理由なら問題なく販売できるレベルの商品です。

 

ジャンク品で一番気を付けなければいけないのは、動作不良です。

ジャンク品の場合は保証がつかないので返品ができません。

なので、仕入れる際は動作とは別の訳アリ品を狙っていくことになります。

動作未確認や現状販売とだけ書かれている商品も気を付けた方がいいですが、

意外と問題なく動いてくれることの方が多いです。

この辺はギャンブルっぽいのであまりオススメはしませんが。

 

今回のプリンターのジャンク仕入れもそうなんですが、

ある程度の経験と知識は必要です。

最低限必要な付属品やスキャンの確認や、

ノズルチェックはされてるかの見分け方など。

 

中古家電メインで仕入れてる方なら割とジャンク仕入れはできるかと思いますが、

初めからジャンク仕入だと結構障壁が高いと思います。

なんせ、ほぼゴミ同然の棚から宝を探すようなものなので笑

ただ慣れれば結構オイシイ仕入れができるようになります。

価格差が取れるので利益率がかなりいいんですよね。

 

ノウハウとしてまとめようかと思ったんですが、

商品によっては見るべきポイントが異なるので、

仕入れた際に紹介していくことにします。

 

共通して見るべきポイントは動作以外の訳アリ品です。

間違ってでも「動作しません」の商品は仕入れないようにしてくださいね笑

 

ではでは。

ブログランキング参加してます。

応援お願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ