ども、こうすけです。

 

 

中国輸入のリサーチ方法の仕方についてお話ししていきます。

僕は現在リサーチスタッフさんに任せていますが、

初めの頃は自分でやっていました。

外注化するのは良いことなんですが、

何事も自分が一通り経験できるようになって外注化した方良いです。

何かトラブルが起きた時などは自分が経験してないと対処できかねない事があったり、

仕事を任せても思うような結果が返ってこなかった場合の改善案とか出せないですからね。

自分自身が経験していないと、

なぜ、こんなミスをするのか?

もっと儲かる商品は見つけれなかったのか?などと

思ってしまうことがあります。

実際にリサーチしてみると分かりますが、

商品を見つけるって結構しんどいんです。

相手の気持ちを理解するためにも一通りの作業を自分でこなせるようになってから、

任せた方がいいです。

 

 

リサーチ方法についてなんですが、

基本はAmazonの検索画面に

ノーブランド、輸入品、互換品などと打ち込みます。

すると商品がずらーっと出てきます。

無題

ノーブランドと打ち込んで出てきた商品はほぼ全て中国商品なので、

ここからどの商品をタオバオ、アリババで探していくかを選んでいきます。

僕の基準なんですが、

・価格が1500円以上あること。

・ランキングが30000位以内(服・ファッション、シューズ・バック、時計などは1万以内)

これを基準に選んでいきます。

商品がありすぎるので全て検索していては時間がかかりすぎます。

価格とランキングを絞り込んで検索していきます。

価格が大きい方が利益率、利益共に高いので1500円以上と設定していますが、

2000円以上からでもOKです。

 

例えばこの商品

無題

ノーブランド品と書かれているので中国商品ですね。

これをタオバオ、アリババで探していくことになります。

タイトルからキーワードを抜き出して、グーグル翻訳でそのキーワードを中国語に変換してもらいます。

今回だと、「ギリースーツ」という単語をまず始めに検索していきます。

無題

中国語でギリースーツは「吉利服」ということが分かったので、

このキーワードをタオバオ、アリババに打ち込んでみます。

 

すると、

無題

このようにギリースーツが出てきますよね。

ここまでくれば後は価格と同じものであるかを確認していくだけの作業になってきます。

 

中国輸入の利益計算法はまた別でお話しさせて頂きますが、

基本的なサーチ方法はこのような流れになります。

 

 

Amazonで「ノーブランド、輸入品、互換品」と打ち、

出てきた商品から基準に当てはめる。

価格が1500円以上~

ランキングが2万5000位以内

その商品のタイトルからキーワードを抜き出し、

グーグル翻訳を使い中国語に変換する。

その変換したキーワードをタオバオ、アリババに打ち込んで探していくという流れです。

今回はギリースーツというキーワードでヒットしましたが、

しない場合は「サバイバルゲーム 服」、「ミリタリー 服」などとキーワードを変えて検索していきます。

それでもない場合は諦めて次の商品に移行していきます。

ポイントは1商品に時間を費やさないことです。

商品は無限にあるので、切り替えてリサーチしていってください。

 

 

 

ではでは。

ブログランキング参加してます。

宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ