ども、こうすけです。

 

Amazonで商品を売っていると少なからず、返品がくると思います。

僕は返品された商品全ての理由をチェックするんですが、

これしといた方がいいですよ。

返品された理由の確認はセラーセントラルの画面から、

レポート→フルフィルメント→返品レポートとクリックしていき

期間を選択すれば期間内の返品理由が見れるわけです。

こんな感じです。

無題aaaaaaaa

で、一番上の返品理由に「間違えて注文した」とありますよね。

動作異常とかではなく購入者都合の返品なわけです。

なのになぜか「不良品の返品」として扱われ、販売不可在庫に計上されてました。

外箱がなくプチプチでくるんでた商品だったので、

購入者が本体むき出しのまま返品してきたのかなぁと思い再販できない状態なのかなぁと思ってたわけです。

ただ、そういった場合、購入者都合の返品の場合のおいて、

Amazonで再販ができない場合は

Amazonが買い取って補填してくれるんです。

今回はなぜか販売不可在庫行きだったので、

Amazonに連絡をしたところ、

こんな返信が返ってきました。

無題aaaaaaaa

 

Amazonのミスで謝罪と共に再販状態になってるよーと返信が来たんです。

これ中古家電なんですが、危うく返品理由を確認せずに、

販売不可在庫から手元に戻してたら結構な手間と送料がかかりますよね。

再販する場合は送料がまたいるわけですし。

返品理由確認せず手元に戻すのではなく、

返品理由を確認することで補填対応にもっていけたり、

販売可に変えれたりできるので定期的にチェックはしておいた方がいいですね。

 

 

補填うんぬんは対応してるAmazonスタッフにもよるんですが、

ケースを長引かせてだだこねて話の論点を変えたりしていけば、

補填が厳しそうな状況でもできたりします笑

http://sedori-amazon.net/9183o0

参考までに笑  

 

ではでは。

ブログランキング参加してます。

宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ