ども、こうすけです。 

 

Amazonが新サービスを始めましたね。

Amazonベンダーエクスプレスというまぁまぁカッコいい名前のサービスです。

どういうサービスかというと、

Amazonにメーカーやらが商品を卸せるという仕組み。

法人、個人両方とも可能です。

 

ということは今までAmazonが出品していなかった商品に対しても、

Amazonが相乗りしてくるということなんですよね。

対象商品は結構あります。

• 文房具・オフィス用品
• 楽器
• ホーム
• キッチン
• AV&モバイル
• カメラ
• パソコン・周辺機器
• 大型家電
• おもちゃ
• スポーツグッズ
• 家庭用工具・修理用品
• 産業・研究開発用品
• 自動車部品
• ペット
• ベビー&マタニティ
• ビューティー
• ヘルスケア&パーソナルケア

幅広いですね笑

 

Amazonが相乗りした商品のカート取得率はもちろん下がるし、

価格競争も激しくなりそうですね。

また、卸業者の中でも価格競争が起きると思うので、

結構僕らとしては厳しくなりそうですね。

卸しの方が僕らの仕入れ値よりも安いことが多いわけですから。

 

業界全体の利益率が下がりそうな予感がプンプンしますが、

まだ始まったばかりでどうなるかは予想がつきませんが、

こちらとしてはあまり嬉しくないサービスかなぁと。

 

でもこのサービスが始まって思ったんですが、

僕のやってる物販の方向性は間違ってなかったなぁと。

このサービスに対する対応策を言うと、「自社製品」です。

今のとこ思いつくのはこれ。

自社製品に対してはAmazonは相乗りできないわけですからね。

 

 

僕が物販でどこを目指して行きたいかというと、

自社の安定したキャッシュを生む柱を構築したいわけです。

去年も言ったんですが、自社製品を自社ネットショップで売るってのを構築したいわけです。

Amazonでも今後も販売していきますが、

販路拡大かつその販路の一つに自社ネットショップ持っているだけで、

かなーり長い目で見た時に間違いなく安定してくれると思うんです。

リスクヘッジということで安定という事です。

生計立てるくらいならAmazon一択で十分です。

 

じゃあ、肝心の自社製品ってどうすんの?ってなってきますが、

それは間違いなく中国輸入を絡めた方が手っ取り早いわけです。

他にも色んな要素があって中国輸入に取り組んでるんですが、

俯瞰的に見てみると物凄く色々とできるわけです。

ざっくり過ぎて申し訳ないんですが、言える範囲はこのへんまで笑

一気に飛び級的な感じでできることではなく、

徐々に構築していく必要があるので地道に頑張るしかないんですけどね。

 

ではでは。

ブログランキング参加してます。

宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

PS メルマガ始めました。

良かったら登録お願いします。