ども、こうすけです。

 

僕は神奈川に住んでおり、

神奈川や都内を中心に仕入れをにいきます。

今回は僕が周った神奈川のブックオフの店舗で、

比較的に仕入れやすい店舗を紹介したいなと思います。

早速店舗名を紹介すると、この10店舗になります。

BOOKOFF厚木妻田店
BOOKOFF川崎長沢店
BOOKOFF相模大野店
BOOKOFF秦野渋沢店
BOOKOFF藤沢六会店
BOOKOFF武蔵中原店
BOOKOFF横浜港南丸山台店
BOOKOFF横浜十日市場店
BOOKOFF横浜日吉本町店
BOOKOFF横浜緑警察署前店

この店舗達は全て同じ系列店です。

で、毎週末にほぼ必ずセールをします。

単行本500円均一

500円以下のCD半額

雑誌・児童書半額

CD全品20%オフ

などなど

今まで多くのセールを開催しているんですよね。

CDは店の商品の回転が遅いので、在庫がなかなか復活しなかったりもしますが、

本は売りに来る人や冊数自体が多いので、

狙い目は本のセールが開催された時です。

 

ただ、店舗の中には、

CDの回転が早い店や本の回転が遅い店もあったりしますので、

何度も通い調査する必要がでてきます。

在庫の回転の把握なんてめんどくさいと思うかもしれませんが、

そういったところを把握しておくとライバルと差をつけることができます。

例えば、CD全品20%オフのセールが開催されたとします。

ここの系列店は10店舗同時開催です。

ブックオフのセールの仕入れは朝一が基本なので、

人を雇っていなければ、1店舗しか行くことができません。

ライバルも多いので、1店舗の仕入れを終えて、他の店舗に行くことも可能ですが、

すでに売り場を荒らされている状況が多いです。

さきほど言った、店の在庫回転率を把握しておかないと、

気合入れて、朝一から仕入れに来たにもかかわらず、前回仕入れに来た時と、

売り場がほぼ変わっていないという状況になってしまいます。

なので、店の在庫回転率を把握することはとても大事なんですね。

把握しておくと物凄く効率良く立ち回ることができます。

 

しかし、3月にワンデイサンクスパスが廃止されてから、

ブックオフのせどらーも減ったような気がします。

本せどりメインだった頃に、

町田のブックオフで争っていた中年せどらーの方も、見かけなくなりました。

上記10店舗のセールの日は朝から5、6人は並んでいる店舗もありましたが、もういないです。

ブックオフのせどりは厳しいと言われていますが、

ライバル達が撤退したために、逆にチャンス到来なんじゃないかと思ってます。

セール日に朝一から行って、誰も並んでいない光景なんて、

半年前まではありえませんでしたからね。

 

神奈川近郊でせどりをされている方はぜひぜひ、せどりに行ってみてください。

ではでは。

ブログランキング応援も宜しくお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ