ども、お久しぶりです。

こうすけです。

 

ここ最近は中国輸入に時間を割いていました。

実店舗での仕入れを週1まで減らし、

ありったけの時間を中国輸入に注いでいました。

中国輸入はパソコン1台あればできるので、

場所を選ばず商品を仕入れることができるのがよいですね。

ここ2週間くらい中国輸入を経験し、

反省点、失敗などでてきましたので、

ゆっくりアウトプットしていけたらなと思います。

 

ざっくり中国輸入のやり方を話すと、

Amazonで売られている商品を

中国ショッピングサイトである、タオバオ、アリババで見つけ、

仕入れてAmazonで売るといった感じです。

電脳せどりではヤフオクやメルカリなどで仕入れてる方も多いと思いますが、

その仕入先を中国に変えるだけなんですよね。

 

タオバオ、アリババで商品を探す。

利益が出そうな商品があれば、輸入代行業者を介して仕入れる。

届いたら検品してFBA倉庫に送る。

売れるのを待つ。

仕入先が変わっただけで、根本変わっていませんね。

また、仕入れ方も本質は変わらず、モノレートの見方を知っていれば、

問題ありません。

 

ただし、ある程度の中国輸入の知識は必要です。

知識がないとこんなことが起こります。

 

・中国から日本に送る際の国際発送料金がかなり高くなってしまい、

利益率4割の商品達が2割まで減る。

 

・いざ、商品が届いて検品してみると、

金具が逆に取りつけられていたり、白い粉が商品に入ってヨゴレてたり、

虫の死骸が入ってたりと、出品すらできない商品を掴まされる。

 

・輸入してはいけない商品を仕入れて、

税関で引っかかり、東京税関からお叱りのお手紙を頂き、

商品を破棄することになる笑

 

これ全て中国輸入を始めて2週間経った現在までに経験したことです笑

これを見ると、

「中国輸入は難しそう」と感じるかもしれません。

 

はい。確かに難しいです。

でも、最初だけですね。

慣れてしまえば、場所を選ばず仕入れができるし、

商品は安いし、扱える商品はたくさんあるしで、

逆に仕入れる商品が多くて、何を仕入れたらいいかで迷ってしまいます。

 

さっき言った失敗で

お金はかかってしまいましたが、いい勉強代だと思っています。

僕は行動して、失敗すれば修正していけばいいって考えなんです。

 

さて、さきほど言った失敗の解決策はというと、

・国際送料は送る商品数が少ないと

1商品当たりにかかる送料が高くつくので、

多くの商品を一度に送ることで、送料を安く抑えることができる。

 

・粗悪商品に関しては、

タオバオやアリババで仕入れる際に出品者の評価を参考にしたり、

代行業者に問い合わせて出品者の情報を聞いたりとアドバイスを貰い、

粗悪商品を掴む確率を下げる。安さだけでは仕入れないようにする。

 

・輸入禁止商品は事前に調べて、仕入れてはいけない商品を覚える。

 

これで解決できるし、1回失敗して肌で感じておくと

2度と失敗はしませんね。

1回の失敗で、諦めているようでは稼げるようにはなりません。

 

この先も中国輸入は失敗が降り注いでくるかもしれませんが、

なんなくかわして成功してみせます。

 

 

そういえば、昨日、中国から仕入れた15商品×3個がAmazonに並びました。

約2日間で8商品売れているのでいいペースですね。

回転がいい商品はどんどん発注をかけて、在庫切れを起こさないようにしたいものです。

 

そして、日付が変わった本日は

週1で行っている実店舗での仕入れ。

今では実店舗での仕入れが新鮮な感じがして、

楽しみでもあります笑

 

国内転売、中国輸入を中心に情報発信していきますので、

4月からも宜しくお願い致します!

 

ではでは。

 

最後に応援ポチお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ