Yahoo!ショッピング攻略

ヤフーショッピングに出店しても売れない理由を徹底解説

どうも、こうすけです。

今回はヤフーショッピングに出店しても売れない理由を徹底解説します。

Amazonで販売をしている方で

ヤフーショッピングを展開したいと考えてる方も多いと思います。

販路の特徴の理解や売れない理由や

売れるにはどうすべきかを徹底的に解説します。

ヤフーショッピングという販路の特徴を理解していない

ヤフーショッピングはAmazonとは全く違った販路になります。

Amazonでは1つの商品ページに対して何セラーも相乗りしカートの奪い合いをします。

一方でヤフーショッピングはストアを構築し商品ページを作成しなければなりません。

 

各店舗が自社で販売する商品を自ら作成する形になり、商品ページの数が増えます。

Amazonでは商品ページが1つでそこにセラーがたくさんいます。

ヤフショでは商品ページがたくさんあり、

自社で商品ページを作成しそのページには自社のみ販売します。

・Amazonは1つの商品ページに対して複数のセラーが相乗りする

・ヤフーショッピングはセラーの数だけ商品ページが存在する。

故に必要なスキルとしては商品ページを他社よりも魅力的に作成し

SEO対策をし商品ページの順位を上げていき販売していく必要があります。

ヤフーショッピングに出店しても売れない理由

順番に解説していきます。

他社より商品ページが劣る

先ほどヤフーショッピングの販路の特徴を説明しましたが、

商品ページを作成する必要があります。

その作成した商品ページが他社より劣るのであれば

売れない理由の原因です。

 

ヤフーショッピングの検索画面で「しじみ ウコン エキス」と検索してみます。

画像のように同じような商品がずらーっと並んでいますよね。

基本的にお客様は上から順に見ていきます。

価格、送料無料、画像、商品レビューなどなどを考慮し

お客様は商品を選びます。

 

他社より商品ページが劣るとはどういうことか?

商品画像は魅力的か、商品レビューはどうか、お得感はあるか

商品タイトルで特徴を伝えれているかなどを考慮しましょう。

先ほどの検索画面から自分の商品ページが選ばれたいわけです。

どうしたら選んでもらいやすくなるかを総合的に考える必要があります。

・セット売りにしお得感を出す

・画像を魅力的にする

・価格を下げたりポイントを付けてみる

この3つは割とすぐに取り組めるかと思います。

商品レビューは日々の積み重ねでたまっていくものなので、

発送遅延や梱包の雑さ、顧客対応をしっかりし良い評価をもらいやすく

努力していきましょう。

商品リサーチが不十分

売れてない原因の7~8割くらいが商品選定にあります。

リサーチをしっかりし商品選定をすれば売れないということはほぼありません。

商品リサーチで重要視すべき点を解説していきます。

結論から言うと大事なのはこの4つになります。

・Amazonの需要を見る

・ヤフーショッピングの売れ筋ランキングをチェック

・カートに入っている数を見る

・レビュー数をチェックする

順番に解説していきます。

Amazonの需要を見る

Amazonとヤフーショッピングを比較した際に集客力という面では

Amazonの方が圧倒的に上になります。

集客力が上のAmazonで売れてない商品は

ヤフーショッピングでも売れてない可能性が高いです。

まずは前提としてAmazonで商品が売れているかを確認してみましょう。

 

ヤフーショッピングの売れ筋ランキングをチェック

ランキングが高い商品は売れているということになります。

私がしているランキングチェックの仕方は2種類あります。

1つ目はヤフーショッピングのトップ画面のカテゴリーからランキングチェックをする。

赤枠で囲ったカテゴリーをクリックしランキングをチェックしていきましょう。

 

もう一つは特定のキーワードからランキングをチェックする方法です。

検索窓に加湿器と入れ検索します。

するとおススメ順に並んだ加湿器一覧が出てきます。

適当な加湿器をクリックしてみます。

赤枠で囲った部分に売れ筋ランキングが表示されている商品があります。

加湿器というランキングで14位の商品になります。

ここをクリックすると加湿器のランキング一覧が出てきます。

当然ですが1位ほど売れている商品になってきます。

使い分けとしては

・扱う商品は決まってなくてざっくりとリサーチしたい場合は前者

・キーワードが決まっていて扱いたい商品の需要を見たい場合は後者

私はこういった使い分けをしています。

 

ショッピングカートに入っている数をチェック

購入の流れとして、カートに入れてから決済し購入に至ります。

お客様がカートに入れる=その商品に興味を持っているということになります。

なぜ買われていないかと言うと、

ヤフーショッピングでは5の付く日というイベントがあり

お得に買える日があります。

そこでお客様は決済することが多いため、

一度カートに入れておくのです。

つまりはカートに入れている数=購入見込み購入数となります。

カート数の確認方法は商品ページ右上に表示されます。

 

レビュー数をチェックする

レビュー数が多いほど過去によく売れているもしくは売れていた商品になります。

ただこれはそこまで重要視しなくても大丈夫です。

理由は後程説明します。

商品レビューは実際に購入したお客様が付ける事になるので、

レビュー数が多い=販売実績が高い

ということになります。

Amazonと違ってヤフーショッピングは商品レビューがつきやすい傾向にあります。

Amazonが50個売って1件つくかどうか。

ヤフーショッピングは10~20個売れば1,2件は付くイメージです。

ただし、

注意点としてレビュー施策を実施していた場合は

レビューが貰いやすくなるので販売個数の目安は下げる必要があります。

例えば

・レビューしてくれたら延長保証つける

・レビューしてくれたらプレゼント送る

などです。

レビュー数をそこまで重要視する必要はないといったのは

こういったレビュー施策でレビューを稼いでおり

販売個数の目安が分からないことがあるからです。

といった理由でレビュー数はそこまで参考にしなくても大丈夫です。

複合的に判断し商品選定をしてみてください。

SEO対策ができていない

SEO対策とは検索上位対策の事であり、

特定のキーワードで検索した際に検索上位にある商品ほど

お客様に見られることになり売れやすくなります。

 

Amazonでは1つの商品ページにセラーが複数いますが、

ヤフーショッピングではセラーの数だけ商品ページがあります。

多くの商品ページからお客様には選んでもらう必要があります。

 

SEO対策は別記事にしていますので、ぜひ読んでみてください。

ヤフーショッピングの検索順位を上げる方法 【出店しても売れない原因を解決】ヤフーショッピングの検索順位を上げ売り上げを上げる方法知りたいですか?本記事ではヤフーショッピングでの検索順位の上げ方を解説していきます。ヤフーショッピングの検索順位を上げ売り上げを伸ばしたい方は必見です。...

ライバル数の調査が不十分

大体の方がヤフーショッピング内で既に売っている商品と

同じ商品を販売することになるかと思います。

つまりは同じ商品のページが複数存在するということです。

その中からお客様に商品を買ってもらう必要がありますが、

ライバルの数は少ない方が良いのは言うまでもありません。

 

同じ商品を扱ってるページが5個もあったとしたら

こうすけ
こうすけ
送料無料で値段が同じであれば

ぶっちゃけどこで買ってもいいや。

となってしまい自分のページから買われる確率は下がってしまいます。

ライバルの数が多い商品は極力避けて販売しましょう。

 

要点まとめ

・商品選定を間違えない

・ページを魅力的にする

・SEO対策する

・ライバル数を考慮する

この4点が非常に大事になってきます。

そして個人的には上から順に大事になってくると考えています。

売れるか売れないかの原因としてリサーチが7~8割くらいを締めます。

まずはリサーチを徹底的にマスターしてみてください。