Yahoo!ショッピング攻略

ヤフーショッピングのPRオプションの効果的な活用法とは?

どうも、こうすけです。

今回はヤフーショッピングのPRオプションの効果的な活用法についてになります。

私はヤフーショッピングでの広告はほとんどPRオプションしか使っていません。

たまにスポットで他の広告を打つ時はあります。

ヤフーショッピングを運営していく上で、このPRオプションはかなり大事な広告であり

売上やSEOの順位にかなり影響してきます。

読者様
読者様
PRオプションってそんな大事?

 

こうすけ
こうすけ
はい、すごーく大事です。

 

PRオプションが及ぼす効果とは?

ヤフーショッピングPRオプションとはリスティング広告の一つであり成果報酬型の広告になります。

Amazonのスポンサープロダクト広告のようなクリック課金型とは違い

成果報酬型の広告なので売れれば広告費は発生し、売れなければ発生しません。

2000円の商品に対して10%のオプション科率を設定していた場合、

200円が広告費として持っていかれます。

 

PRオプションを設定すると

検索結果やおススメ順位の上位、カテゴリーリスト、

季節販促ページなどなどに表示されやすくなります。

その結果、露出が増え売り上げが上がりSEO効果が見込めるということになります。

またPRオプションをある一定以上設定しておかないと

使えない期間限定の広告などもあります。

 

商材にはよりますが中国輸入のようなノーブランド品を扱うのであれば、

PRオプションは必須で設定すべきだと判断しています。

特に新商材を出した時の初動はPRオプションを設定し検索順位を上げていきましょう。

最終的にはPRオプションを設定せずとも売れるようなページを目指していくべきですが。

PRオプションの利用条件

ヤフーショッピングのPRオプションは

ショップを開店しすぐに使えるわけではありません。

申請し審査に通らなければ使用することはできません。

申請方法は販売促進>PRオプション科率設定から申請してください。

利用条件ですが私が申請した2017年12月では

月商で50万ほど売り上げていれば通りました。

おそらくですが月商50万~100万ほど売り上げれば通るかと思われます。

またAmazonである程度の月商があり、ビジネスレポートを見せれば開始すぐ審査して

通ったという報告も受けております。

PRオプションの一律科率の設定はお得

ヤフーショッピングのPRオプションは一律科率設定をすると特典が貰えます。

一律科率とは販売している全商品に一定の科率を設定するということです。

読者様
読者様
一律で10%設定してたら手数料10%アップ的な感じ?
こうすけ
こうすけ
イメージ的にはそんな感じです。

PRオプションを一律10%設定の場合

月商:100万

広告費:10万

また、PRオプションを一律設定した場合、特典が発生します。

PR科率 特典内容
1.0% CRMツールSTORE’s R∞(ストアーズ・アールエイト)の設定が可能となります。
会員向け価格の利用が可能になります。
3.0% ソフトバンクユーザー・ワイモバイルユーザーを対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。
5.0% ストアスタンプラリー ゴールド会員・プラチナ会員・Yahoo! JAPANカード会員を対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。
優良店の場合は “(3)PRオプション料率((1)と(2)の大きい方)” に対して、1.1~1.5倍の倍率を乗じます。
7.0% Yahoo!プレミアム会員・ストアスタンプラリー ダイヤモンド会員を対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。
10.0% Tポイント保有ユーザー・PayPayボーナス保有ユーザーを対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。
12.0% Yahoo!ショッピング新規ユーザーを対象に+2%以上の料率の効果を上乗せします。

一律科率を30日以上設定していると特典が付きます。

+2%分はどのような特典かというと、その分検索順位が優遇されるということです。

例えば

私はPRオプション科率を運用開始時から一律7%を設定しております。

7%の特典はダイヤモンド会員を対象に+2%以上の料率の効果を上乗せする。になります。

つまりダイヤモンド会員に対して検索が優遇されるということです。

高ければ高いほど特典内容も良いものになってきます。

PRオプションの効果的な活用方法

私がPRオプションを運用している方法をお伝えします。

商材によっても変わってくるかと思います。

私は国内の型番品などではなく

中国輸入商品でプライベートブランド品を扱っております。

プライベートブランド品は型番が無くやブランド力が低いため

PRオプションを設定し検索順位を上げる必要があります。

 

PR一律科率は7%に設定してます。

これはダイヤモンド会員に対しても検索を優遇させるためです。

余裕がある人は最大の12%に設定しても良いです。

ちなみにですがPR科率を上げたからといって、

売上が変わらないこともあります。

私の例として

ヤフショの売り上げ

2019年11月の売上:611万  PR科率:7%

2019年12月の売上:620万  PR科率:12%

5%上げたにも関わらず売り上げは微増でした。

担当との打ち合わせで数字上のシミュレーションでは

7%から12%に引き上げると710万ほど上がる見込みでした。

 

またPRオプションは商品毎にも設定可能です。

例えば5の付く日などは他店もPRを多めに設定して挑んできます。

その際にどうしてもこの商品の検索順位を上げておきたい場合は

商品ページからPR科率を変更できます。

私は5の付く日なんかはPR科率最大の30%をかけることもあります。

 

運用方法は色々とありますが、PR科率に固執するのはよくありません。

一律科率を設定しておき、

どうしてもこの商品の検索順位を上げたいときに商品ごとで設定を見直してください。

基本は一律科率を設定後に放置です。

読者様
読者様
確かに毎回分析し設定見直すの面倒よな
こうすけ
こうすけ
はい、その通りでございます。

SEOを上げるには必須ですがこれに固執し依存するのではなく、

ヤフショ内のオーガニック検索を増やす努力をするのが本質です。